イベント

【MURCアクセラレータプログラム LEAP OVER】 パートナー企業(1) 三谷産業株式会社 |STAEN #注目のアクセラプログラム2021 No.3


三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、今年で5年目となるPoC型アクセラレータプログラム「LEAP OVER」を今年度も実施します。今回のインタビューでは、LEAP OVERの魅力を探るべく、第5期LEAP OVERに参加してくださるパートナー企業の第一弾として、三谷産業株式会社の山田徹さん、山崎登志夫さん、大場健史さんにインタビューを行いました。

三谷産業株式会社

【  代表者  】代表取締役社長 三谷忠照

【  所在地  】金沢本社(本店) 石川県金沢市玉川町1-5 /東京本社 東京都千代田区神田神保町2-36-1 その他国内に6拠点、アジアに3拠点

【事業概要】情報システム関連、樹脂・エレクトロニクス関連、化学品関連、空調設備工事関連、住宅設備機器関連およびエネルギー関連事業

【 URL 】https://www.mitani.co.jp/

事業概要

―貴社の主事業及びご担当者様所属の事業部概要について教えてください。

当社は化学品関連、情報システム関連、樹脂・エレクトロニクス関連、空調設備工事関連、住宅設備機器関連およびエネルギー関連事業の6つの事業領域を展開する商社です。

商社機能を基軸としながらもメーカー、システム開発、設計・施工など多様な事業形態を有していることを強みとしています。

我々が所属しております、売上高構成比30%強を占めるケミカル事業部では、化成品、機能性素材、医農薬中間体・原薬の販売を行っております。特に最近では環境分野でのビジネスに注力しており、工場の余剰汚泥削減・排ガス処理などの取組を展開しています。

 

注目のテーマ・提供可能なリソース

―今回、第5期LEAP OVERに参加いただくに際して、注目しているテーマを教えてください。

当社は今回、「グリーンテック」と「既存産業DX」のテーマに注目しています。その背景としましては、当事業部の現状のビジネスとの接点が大きく、取引先の課題解決においても高い効果が見込まれるためです。

 

―貴社はどのようなリソースを参加スタートアップに提供したいと考えていますか。

当社は、製造工場1,200社を含む5,000社以上の取引先網のほか、日本及びベトナムに様々な業種の企業とのネットワークを保有しており、スタートアップが実証実験を行えるような取引先企業の紹介や協業支援が可能です。

また、3Rに関する環境サービスメニューや環境技術の実証パートナーを多数保有しており、環境問題に取り組むスタートアップとの親和性が高いと言えます。

さらに、スタートアップのステージに応じた事業提携・共同開発・出資を通じて、スタートアップの成長を支援します。これまでに当社が支援したスタートアップには、医薬分野の株式会社JUNTEN BIO*様などがあります。

上記に限らず、もちろん顧客管理や受発注配送手配といった既存業務でもDX化を推進しており、業務改善に向けた協業も期待しております。

<三谷産業提供可能アセット>
*順天堂大学の研究シーズを基盤として設立した順天堂大学発のバイオベンチャー企業

https://juntenbio.co.jp/

第5期LEAP OVER参加にあたって

―これまでの貴社のスタートアップに対する取組について教えてください。

スタートアップに対する取組について、最近では以下の2つの取組を行っています。

当社主催のビジネスコンテスト「MITANI Business Contest」を過去3年に渡り開催しました。本年度はICT関連における先端技術を活用した新事業・サービスというテーマで12月に開催予定です。

また、2021年3月よりベンチャー企業との協業や共創の価値を伝えるビジネスマガジン「Carbon」を四半期に一度発行しています。

 

―LEAP OVERに期待していることを教えてください。

LEAPOVER への参加は、日頃自分たちでは思いつかなかったような技術・サービスを有するスタートアップに数多く出会える機会だと思っています。そのようなスタートアップとのビジネスマッチングにより、想定外の新たな事業が創出できればと思っています。

 

―ご担当者様の目標を教えてください

ケミカル事業部としては、既存業務のDXを推進すると共に、既存事業の深堀や新領域への拡大を目指しています。その中で、山崎部長と大場部長を中心に2022年度上期までに環境ビジネスにおけるパートナー企業を発掘し、環境ビジネスを拡大していくことを目指しています。このような機会は初めてですので、数多くのスタートアップ企業及び自治体との出会いを楽しみにしており、具体的な共創が生み出せるようがんばります!

 

―本プログラム参加後のスタートアップとの展望について教えてください。

まずはプログラム内でのPoCの成果を踏まえ、その後スタートアップとビジネスを確立し、将来的には弊社の事業の柱となることを期待しております。また、内容、状況次第では出資も検討させて頂きます。

 

【MURCアクセラレータプログラムLEAP OVER エントリー受付中:2021年10月25日(月)~12月23日(木)】詳細確認・応募はこちらから↓
https://startup-entry.com/program/14
※「募集要項・注意事項」欄を参照。申込みは、画面最下部【このプログラムにエントリー!】の【応募】ボタンより応募する。